葬儀のマナーを守った服装で参列

葬儀には、色々な作法があり、服装もその中に含まれています。マナーを守って故人に最後の別れを告げてください。

葬儀のマナーを守った服装で参列
葬儀のマナーを守った服装で参列

葬儀のマナーを守った服装で参列

何度、参列しても慣れることのない葬儀です。誰にでも訪れるものですが、できることならもっと長くこの世に生を受けていて欲しかったと思う瞬間でもあります。故人と最後に会う場所なので失礼のないよう、別れを告げたいところです。葬儀というのは、お坊さんにお経という仏様の教えを説きあの世へと引導を渡す宗教儀式の事を差します。一般的にお通夜は遺族の方が故人との最後の一晩を差す意味で使われています。そして服装ですが、男性は喪服にネクタイ、靴下、靴は黒でシャツは白色が好ましいです。女性の場合も男性とほとんど変わりませんが、黒の喪服に、ストッキング、靴、バックも黒色で統一します。露出部分は極力控えます。アクセサリーは結婚指輪かパール、オニキスのみ着用が許されています。そして、気をつけたいのが、黒色だからといってうっかり持っていってしまいがちな、光沢のあるものや、皮革製品です。光沢があると派手に見えてしまいますし、皮革製品は殺生を思わせるので避けます。

分かりやすく喪服と書きましたが、黒い地味な平服であれば、問題ないとされています。今はあまり聞きませんが、喪服を着るのは葬儀があるのを想定して、喪服を準備していたと思われないように着用しないのがマナーだと言われていた時もあるぐらいです。お子さんや学生さんであれば、学校の制服があればそれを着ていけば大丈夫です。小さいお子さんには、やはり、露出や派手な色を避けた格好を前提とし、無地の白色か黒色のシャツに黒かグレーのパンツやスカートを合わせるのが無難です。故人との深い関係でなければ、幼児や赤ちゃん連れて行かない方が、自分も周りの参列者も静かに見送ることができるので様子を見て一緒に参列させるかどうか決めてください。もし、泣きだしてしまったら、大変でしょうが、すみやかに外や離れた場所に移動してあやしてあげてください。お香典や、お悔やみの言葉、焼香の作法やマナーはありますが、そこだけにとらわれずに、故人を偲ぶ心を持って、最後のお別れを告げてください。